登記簿と現況が一致しません。

登記簿と現況が一致しません。どうしたら良いでしょうか?

当事務所の対応

元々のご依頼は、母の不動産の相続手続でしたが、お話を伺い、依頼人から資料を預かり、法務局・市役所で調査したところ、登記簿上では、現在は無い筈の建物が存在しており、現在ある筈の建物が存在しておらず、登記簿と現況が全く一致していない状態でした。

父の相続の際に、当時の司法書士が遺産分割協議書を作成しておりましたが、現況を把握せず書類上で遺産分割協議書を作成してしまっていた為、父の相続手続も一部未了となってしまっておりました。

そこで、当事務所と提携している土地家屋調査士に現況調査を依頼し、登記簿と現況を一致させた上で、全ての不動産の相続手続を行いました。

結果として、以前行った父の相続手続は、一部やり直しになってしまい、かつ父の相続人の1人が死亡していた為、更に相続人が増えてしまい手続きが複雑になりましたが、無事、全ての手続きを完了させる事が出来ました。

 


 

  • 相続・遺言 無料相談受付中!|相談受付 TEL:047-486-7370 受付:9:00~20:00 日曜・祝日対応|お気軽にお電話ください!|無料相談の詳細はこちら

  • TOPへ戻る