父の不動産を相続して売却したいのですが、相続人が複数います

父の不動産を相続して売却したいのですが、相続人が複数います。
後日トラブルにならない様に手続きを行いたいと思いますが、どの様にしたら良いでしょうか?

当事務所の対応

父の不動産を売却する場合、必ず相続登記を行う必要があります。
この場合、通常、次のいずれかの方法をとる事が多いです。

1. 相続人全員の共有名義にして、相続人全員が売主として不動産を売却する方法
2. 相続人代表者の名義にして、相続人代表者が売却を行い、後日、売却代金を分配する方法

どちらの方法でも良いのですが、相続人が多い場合、1の方法だと、相続手続の他に売却手続きの際にも相続人全員が集まる必要があり煩わしいので、2の方法をとる事が多いです。

相続人が少ない場合には、1の方法でも2の方法でも構いません。
今回は、2の方法をとり、相続人代表者名義に相続登記を行いました。

但し、この場合、売却時の税金の問題もありますので、事前に税理士と打合せを行った上で、遺産分割協議書を作成し、後日のトラブルを防止致しました。

今回の父の不動産は、余り人気の無い場所にあり条件が悪く売り辛い不動産だった為、当事務所で宅建業者を紹介し、買主を見つけて来てもらい、無事、不動産の売却も完了致しました。

 


 

  • 相続・遺言 無料相談受付中!|相談受付 TEL:047-486-7370 受付:9:00~20:00 日曜・祝日対応|お気軽にお電話ください!|無料相談の詳細はこちら

  • TOPへ戻る