相続に関わる手続

ここでは、不動産や預貯金など、相続財産の名義変更に関わる手続きに関してご説明いたします。

実際の手続きの際にも、是非ご活用ください。

不動産の名義変更(相続登記)

不動産は財産的価値が高いため、遺産相続の際にトラブルの種になりやすく、また、承継方法を間違えると、税金などの面でも大きな損をしやすいものです。 正しい承継手続きを踏んで、大切な資産を守ってください。

詳しくは、不動産の名義変更(相続登記)をご覧ください。

生命保険金の請求

生命保険金の請求は、誰が受取人に指定されているかによって、手続きにいろいろなケースがあります。
また、請求にはさまざまな書類が必要になります。

詳しくは、生命保険金の請求をご覧ください。

預貯金の名義変更

これはよく知られていることですが、お亡くなりになられた方が生前に保有していた銀行等の口座は、死亡により凍結、つまり入出金が出来ない状態になります。

この凍結を解除し、金融機関に預貯金の払い戻しをさせるためには、いくつかの方法があります。

詳しくは、預貯金の名義変更をご覧ください。

株式の名義変更

株式も、不動産と同じように名義変更をする必要があります。

上場している株式か、非上場の株式かによって手続きが異なりますので、注意が必要です。

詳しくは、株式の名義変更をご覧ください。

遺族年金の受給

遺族年金は、残されたご家族にとって大切な生活資金です。
くれぐれも“もらい忘れ”がないようにしましょう。

詳しくは、遺族年金の受給をご覧ください。

 

火災保険の名義変更

どんな保険契約でも契約期間中に契約内容に変更が生じることがあります。

火災保険も同様で、住所変更や銀行引落口座の変更、保険目的の追加、増額・減額など様々です。

名義変更についてもそうした手続きのひとつです。

詳しくは、火災保険の名義変更をご覧ください。

 


 

  • 相続・遺言 無料相談受付中!|相談受付 TEL:047-486-7370 受付:9:00~20:00 日曜・祝日対応|お気軽にお電話ください!|無料相談の詳細はこちら

  • TOPへ戻る