八千代で遺言のことなら当事務所にお任せください!

IMG_1782遺言書の作成は当事務所にお任せください!

遺言は単に書くだけではなく、左の写真のように多数の資料を集める必要があり、一般の方にはとても大変な作業です。

また、遺言書は法律で厳格に書き方が決められており、間違えると無効になってしまうこともあります。

さらに、不測の事態を想定しておかないと、逆に遺言を残したことがトラブルの原因になることさえあります。

ご家族のために作る遺言ですので、不備のないよう、また確実に想いが伝わるよう、相続の専門家にお任せください。

 

八千代にお住まいの方向けに遺言書作成に関するの無料相談実施中!

 

無料休日相談会受付中!

次回は11月5日(),11月12日()   
もちろん平日もOK!

詳しくはこちら

相談受付 TEL:047-486-7370|9:00~20:00日曜・祝日対応

遺言書作成に関する相談はもちろん、相続手続きや相続登記などの相続に関わるご相談は当事務所にお任せ下さい。

相続関連の専門家である当事務所の司法書士が親切丁寧にご相談に対応させていただきますので、
まずは無料相談をご利用ください。

予約受付専用ダイヤルは047-486-7370になります。
お気軽にご相談ください。

遺言書作成の当事務所の取り組み

IMG_1783

当事務所では遺言書作成の豊富な経験を活かして、遺言書作成をご依頼いただいた方に、様々なサービスやご提案をさせていただいております。

遺言書の作成をご検討の方は、まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

詳しくは「遺言書作成の当事務所の取り組み」をご覧ください。

 

遺言を残しておくべき人は? ~ ケース別の遺言の残し方

相続人同士の仲が悪いなど、自分の死後に遺産相続争いが起きそうな場合はもちろんですが、それ以外にも、遺言を作成しておいたほうがいいケースがいくつかあります。

詳しくは、「遺言をすべき人は?」をご覧下さい。

 

遺言の種類

相続人が遺産を巡り「争族」となることを防止するためには、遺言の作成が効果的です。 遺言には、「自筆証書遺言」、「公正証書遺言」、「秘密証書遺言」の3種類があります。

遺言の目的によって、自分に相応しいものを選びましょう。

詳しくは、「遺言の種類」をご覧ください。

遺言の作成方法

遺言は民法で定められた形式で作成しないと無効になりますので、正しい遺言を作成しましょう。

詳しくは、「遺言の作成方法」をご覧ください。

公正証書遺言とは

3種類ある遺言のうち、「公正証書遺言」が最も安全です。作成手順を押さえて、「公正証書遺言」を作成しましょう。

詳しくは、「公正証書遺言とは」をご覧ください。

遺言の保管について

苦労して作成した遺言書でも、紛失したり、自分の死後に相続人に見つけてもらわなければ、 その機能を果たすことはありません。

しかし、遺言書は、ある相続人には好ましい内容でも、別の相続人にとってはそうでないことも あり、自分が生きているうちは内容を人に見られたくないものも多いため、あまり簡単に見つかる 場所に保管することも出来ません。では、どのように保管すればいいのでしょうか?

詳しくは、「遺言の保管について」をご覧ください。

遺言の執行について

自分の死により相続が開始した場合、どのようにして遺言の内容が実現されていくのでしょうか?
ここでは遺言の執行に関して説明します。

詳しくは、 「遺言の執行について」をご覧ください。

遺言関連のサポート費用

遺言作成

 

 遺言書作成(自筆証書) 200,000円~
 遺言書作成(公正証書) 200,000円~
 証人立会い 20,000円/名

遺言執行費用

 

遺言執行

遺産総額の1.5%

※ 遺産額に関わらず、報酬は最低50万円からとなります。
※ 遺言書は、保管料として1000円/年をいただきます。

 

 

 


 

  • 相続・遺言 無料相談受付中!|相談受付 TEL:047-486-7370 受付:9:00~20:00 日曜・祝日対応|お気軽にお電話ください!|無料相談の詳細はこちら

  • TOPへ戻る