終活について

終活カウンセラー協会では、終活を、「人生の終焉を考えることを通じて、自分を見つめ、今をよりよく自分らしく生きる活動のこと」と定義しています。

死というものは、誰もが避ける事は出来ません。
生前に縁起でもないと思う方もいらっしゃるかも知れませんが、自分の人生の終焉を考える事は、とても有意義な事だと思います。

人は、大なり小なり、悩みがあるものです。

独り身の方が、
『自分が死んだ後、葬儀とか色々な手続とか、どうなってしまうだろう?』
と考えたり、身内の方がいても、
『自分の事で、子供に迷惑を掛けたくない。』
と考える方もいらっしゃいます。

遺された方々は、故人の交友関係や財産等は、はっきりと分からない事も多いです。

そんな時に、エンディングノートが作成されていれば、遺された方々は、とても助かります。
エンディングノートをみる事で、より故人を偲ぶことも出来ます。

エンディングノートを書いた方は、今とこれから、自分がなすべき事がより鮮明になるかと思います。

自分の残りの人生をより豊かにし、そして将来、遺された方々の負担を軽減するためにも、エンディングノートを書く事をお勧めします。

 


 

  • 相続・遺言 無料相談受付中!|相談受付 TEL:047-486-7370 受付:9:00~20:00 日曜・祝日対応|お気軽にお電話ください!|無料相談の詳細はこちら

  • TOPへ戻る