エンディングノートについて

エンディングノートには、

1. 作成者の基本情報
2. 医療・介護に関する情報
3. 財産に関する情報
4. 葬儀・墓に関する情報
5. いざという時のための連絡先
6. 大切な人へのメッセージ

等を記載します。

エンディングノートを作成する事で、自分自身の人生を見つめ直す機会が生まれ、現時点での問題点等もはっきりとしてきます。

こういう書き方をしますと、エンディングノートは、死ぬ準備の様に思われてしまいますが、本来の使い方は、自分の人生の棚卸をして、今後の生活をより良いものにしていく事です。

家計簿でイメージして頂くと分かり易いと思いますが、
「今月、いくら使ったか?」
「無駄な出費はないか?」
「今年は、いくら貯金出来そうか?」
といった事は、家計簿をつけていないと、なかなか分からないと思います。

自分の事は、分かっているつもりでも、分かっていない事、目をそむけている事もあるかも知れません。

エンディングノートは、一度、自分自身とゆっくりと向き会える時間を作ってくれます。

そして、分かっているつもりでいた、自分を振り返って、今後、どの様に時間を使っていくべきなのか?という事を考える、良いツールに、必ずなると思います。

人生の1分1秒は、「命の時間」です。
 
命の時間を、より輝きのあるものにするために、是非、エンディングノートを活用して頂きたいと思います。

当事務所では、終活カウンセラーが所属しており、エンディングノートの作成支援を行っております。

エンディングノート作成支援サービス : 相談料2万円/2時間

 

エンディングノートの書き方セミナー

当事務所の終活カウンセラーは、エンディングノート書き方セミナー講師の認定も受けておりますので、エンディングノートの書き方セミナーの講師のご依頼もお受けしております。

講演料の基準については、概ね以下のとおりです。(全て、消費税別)

一般企業様 15万円~20万円

NPO法人様等、非営利活動に関する活動団体様の場合 5万円~10万円

地方公共団体様の場合 5万円~

少人数の市民団体様 資料代~ ※但し、非営利活動に関するもの

 


 

  • 相続・遺言 無料相談受付中!|相談受付 TEL:047-486-7370 受付:9:00~20:00 日曜・祝日対応|お気軽にお電話ください!|無料相談の詳細はこちら

  • TOPへ戻る