相続人が多くて話がまとまらない場合

image_support03

 

遺産を相続するためには、まず戸籍収集によって法定相続人を調査したうえで、相続人全員で遺産分割協議を行う必要があります。

 

遺産を分割して、預金の引き落としや不動産の名義変更をするためは

① 遺産の分割内容について相続人全員の同意が必要です。

相続人が大勢になると、どのように遺産を分けるべきか、どのように話し合いをするべきか、ということを話し合うだけでも大変です。

そのため、遺産分割がまとまらないことも珍しくありませんが、相続した預金の引き落としや不動産の名義変更をするためには、全員の同意が必要です。

② 相続人全員の遺産分割協議書への押印が必要です。

また、全員が遺産分割の内容について同意したとしても、各種相続手続きをするためにはそれを証明しなければなりません。

その証明となるのが遺産分割協議書で、遺産の分割内容について全員の押印と印鑑証明が必要です。

しかし、相続人が多く、しかも遠方にお住まいの相続人がいる場合は、押印のための書類のやり取りや確認だけでも膨大な時間がかかってしまいます。

 

当事務所の遺産分割サポートサービス

相続の手続きをするためには、遺産分割の内容に全員が同意をしたうえで、全員の実印と印鑑証明書が必要になりますので、相続人が大勢いる場合、話し合いや書類のやり取りが非常に煩雑になります。

そこで、当事務所にご依頼いただければ、相続人の調査から遺産分割協議書の作成、およびその受け渡しを、相続人様の間に入ってサポートいたします。

また、遺産の分け方についても専門家が第三者の中立な立場でアドバイスを行い、遺産分割協議をスムーズに進めます。

※あくまでも特定の相続人の味方ではなく公平な第三者の立場としてのお手伝いになります。

もちろん、その後の遺産分割協議書や登記申請書等の書類作成やそのやり取りについてもまとめてサポートいたします。

第三者である専門家がアドバイスを行うことで、法律的にも感情的にも円満な遺産分割を行い、争いに発展したときに必要となる弁護士費用を節約すると同時に、相続人同士の関係が悪化することを防ぎます。

遺産分割サポートサービスの詳細はこちら>>

遺産分割サポートサービスをご利用いただいたお客様へのインタビュー


たくさんの「ありがとう」をいただきました!ご相談者様の声|詳しくはこちら

 

遺産分割サポートサービスの料金

着手金10万円+相続財産の0.8%

※ 遺産分割の期間が半年を超える場合は追加費用をいただく場合があります。

 

当事務所の相談事例(相続人が多くて話がまとまらないケース)

相談内容

相続人の数が多く(10人以上)、面識のない相続人がいるため、今後の手続きをどの様に進めて行ったら良いか、全く分かりません。

相続財産は主に不動産で、預金が多少あります。
不動産は、比較的価値がありますので、相続人間の話し合いが上手くいき、不動産の売却が出来れば、手続き費用も十分に捻出が可能です。

法律家に間に入ってもらい、上手くまとめてもらいたいです。

当事務所のサポート

手続きがまとまれば、手続き費用の捻出が十分可能で、手続き費用を節約する必要がないケースでしたので、当事務所より弁護士を紹介し、当事務所と弁護士が連携して、手続きを進めました。

※手続き費用を節約する必要があるケースで、相続人間に争いがないケースの場合には、当事務所が単独で、遺産整理業務として受任し、当事務所が全ての窓口となり、手続きを進めます。

まず、当事務所で戸籍の調査を行い、相続人の把握を行った後、相続人の調査結果を、依頼人と弁護士に報告しました。
 ↓
弁護士から、相続人全員に手紙を発送し、手続きの協力を依頼しました。
※手続きに協力したくない相続人には、家庭裁判所での相続放棄の手続きを案内し、相続放棄をして頂きました。
 ↓
弁護士が、不動産の評価を、不動産業者に依頼し、各相続人への分配見込み額を算出致しました。
 ↓
弁護士が、各相続人に売却の提案及び分配見込み額を送付し、遺産分割協議書への押印の協力依頼を行いました。
 ↓
遺産分割協議書の内容で金融機関の手続きに問題がないかどうかの確認を事前に行いました。
 ↓
相続人全員から押印が完了し、金融機関の手続き及び不動産の相続登記を行い、その後、不動産については、売却し、売却代金を相続人全員に分配致しました。

 

解説

相続人が多い場合、遺産分割協議の方法をどの様に行うか?実際の遺産分割協議書をどの様に作成するか?という点が、悩ましいです。

遺産分割協議については、不動産を売却して売却代金を分配する方法にも、いくつかの方法があります。

譲渡所得税が発生しない場合には、あまり問題がないのですが、譲渡所得税が発生する場合には、多数の相続人全員が確定申告が必要なケースと、不要なケースに分割方法によっては分かれます。

譲渡所得税が発生しないケースでも、健康保険の扶養等については、影響が出る場合があります。

相続税が発生するケースでは、相続税についても留意する必要があり、予め、それらの点についても、各相続人に納得して頂いた上で、分割方法を決定する必要があります。

遺産分割協議書については、相続人全員が連署する方法と、各自が1枚ずつ作成して、それを相続人全員分準備する方法があります。

どちらの方法も、一長一短ありますが、現実的な方法としては、後者の方法を選択するケースが多いです。
それでも、押印が不鮮明であったり、誤記があったりしますので、根気よく、調整を続ける必要があります。

絶対に気を付けなければならない点としては、相続人が多数の場合、話し合いが、いくら上手くまとまっていたとしても、相続人の誰か1人に不測の事態が生じた場合、手続きが止まってしまいます。

その様なことが起きない様にするためにも、後日トラブルが生じない様に、十分な説明を行いつつ、極力早く、手続きを完了させることが必要になります。

 


 

  • 相続・遺言 無料相談受付中!|相談受付 TEL:047-486-7370 受付:9:00~20:00 日曜・祝日対応|お気軽にお電話ください!|無料相談の詳細はこちら

  • TOPへ戻る