• 八千代中央駅から徒歩2分の好立地!
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

047-486-7370

受付時間:9:00~20:00 日曜・祝日対応
定休日:水曜・土曜

相続税について

相続があった場合、最も気になることは、
「そもそも相続税がかかるのかどうか?」ということではないでしょうか?

多くの遺産を相続すれば相続税がかかるということは想定できますが、相続税法では
遺産の額が一定額以下であれば相続税を課さないこととしています。
ではどうやってこれを判定していくのでしょうか?

結論から申しますと、承継した財産の価額が基礎控除額以下であれば、
相続税は課されません。
算式で示せば以下の通りです。

(承継した財産の価額)-(基礎控除額(注1))≦ 0であれば、相続税は課税されず、
原則として相続税の申告書を提出する必要もありません。(注2)

(注1)基礎控除額=3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

(注2)小規模宅地等の評価減の特例、配偶者の税額軽減の特例の適用を受ける場合には、これらの規定の適用によって相続税が課税されないときでも相続税の申告書の提出は必要となります。

この算式さえ組むことができれば、さほど難なく相続税がかかるかどうかを判定することができます。
ただ、この算式を構成する「承継した財産の価額」や、「基礎控除額」を求めるには、

  • 相続人となる者
  • 相続財産となるもの
  • 相続財産とならないもの
  • 相続財産から控除できるもの
  • 相続財産の価額の求め方

これらの項目を順番に整理していくことになります。

この記事は司法書士が監修しております。

司法書士 石山健二

相続の累計問合せ件数2,573件(2019年末まで)と実績が豊富で、相続に特化するはながすみ司法書士事務所の所長。相続は丁寧な説明が必要というのがモットーで、相続の幅広い知識と経験を基にした顧客本位の相談対応をワントップで行っている。

相続のご相談は当事務所にお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

実際にご依頼を頂いたお客様のインタビューをご紹介します
お客様の声一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

当事務所の解決事例を検索する
  • 相続手続き
  • 相続登記
  • 相続放棄
  • 遺産分割
  • 預貯金解約
  • 遺言
  • 成年後見
  • 生前贈与
  • 民事信託
解決事例一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP